アダルトアフィリエイトで稼げないジャンル

アダルトアフィリエイトで稼げないジャンルアダルトアフィリエイト総合

私はミニサイトも含めるとアダルトサイトだけで数百のサイトを作っています。システムで自動生成したものや無料ブログも含めれば1,000を超えます。

数多くのサイトを作る中で稼げないアダルトアフィリエイトのジャンルも判明しました。

一般ジャンルに比べて簡単に稼げるといわれるアダルトアフィリエイトでも稼げないジャンルは確実に存在するのです。

あくまで私の経験と分析ですが稼げないジャンルを紹介します。無駄な労力をかけたくない人は手を出さないほうが良いと思います。

最も稼げないのがSM・調教系のジャンル

稼げないアフィリエイトのジャンル1(SM調教)

サディストとマゾヒストを意味するSMですがアダルトアフィリエイトをするなら絶対にやめたほうが良いと断言したいジャンルです。本当に稼げません。

上位表示されているサイトがそれほど大したことなさそうに見えたので狙い目と思ったのですがこのジャンルは特殊です。

このジャンルで上位に来ているサイトは実際に趣味でSMプレイを行っている人たちが運営しているものです。

つまり素人の画像と動画が大量に掲載されています。そのため自然に集まる被リンクが多いのです。アダルトアフィリエイトは被リンクが重要です。

またドメインパワーの強い投稿サイトなどにもオリジナル画像や動画を投稿しているためそこからの強力な被リンクも得ています。

さらに訪問者が複数のページを見るため回遊率も高く検索エンジンからの評価も高まりやすいのです。

さらにこれらのサイト運営者はアフィリエイトをしていなかったり、していてもサイドバーに広告を載せているだけだったりするのでファンもつきやすいのです。

またこれらのジャンルでサイトを作ることにはSEO上のリスクが存在します。

それは「性○隷」や「虐○」などSM業界で頻繁に使われる単語は犯罪とも関連する言葉であるためGoogleの検索アルゴリズムにより危険なサイトと認識される可能性があるということです。

実際にいくつかのSM関係の単語はキーワードプランナーにおいてデータ取得が不可能でした。検索数が少ないからではなく反社会的な単語のためデータが提供されないのです。

私がSMのサイトを作ったときは動画アフィも出会い系アフィもキーワードをきちんと選定したつもりでしたがほとんどアクセスを集めることができませんでした。

そして何よりSM系のアフィリエイト商材はまともなものが少ないのでアクセスを集めたところで稼げないのです。

クンニの出会い系も稼げない

稼げないアフィリエイトのジャンル2(クンニ体験談)

稼げるジャンルの説明の中で性癖と出会い系の組み合わせは収益化しやすいと書いたのですがクンニだけは稼げません。

なぜかというと「クンニされたい女性募集」という書き込みだけは割と簡単に素人の女の子と出会えるからです。

エロ動画サイトの男女別検索キーワードでも女性が最も多く検索する言葉は「クンニ」というデータがあります。クンニされたいという女性は非常に多いのです。

ブサイクなオジサンでもクンニで女の子を釣れるのです。そのためライバルが多いのです。

しかも実際に体験しているためLINEのやり取りや場合によっては写真などの素材を手に入れていることが多いです。オリジナル写真の有無は出会い系の申込率に影響を与えますし、実際に体験していることでリアルな文章が書けます。

つまり「クンニ+出会い系」ジャンルは強いライバルが多いということです。このキーワードの組み合わせ自体が誰でも思いつきやすいため記事が多く投稿されているというのも稼げない原因です。

アクセスは集まるが稼げないアダルトグッズのアフィ

稼げないアフィリエイトのジャンル3(アダルトグッズ)

アダルトアフィリエイトに限りませんが固有名詞というのは検索に引っかかりやすいものです。

なのでバイブなどのアダルトグッズのレビューは商品名をタイトルに含ませればアクセス数を集めやすいです。

実際に私もアダルトアフィリエイトを始めたばかりの頃はバイブやローターの商品名をタイトルに入れた記事を量産していました。

そしてそれなりに売れました。承認率も90%以上ありました。

しかし稼げませんでした。なぜなら報酬単価が低いからです。最も売れるバイブの価格帯は3,000円前後です。ローターにおいては500円くらいです。

広告主にもよりますがその価格の3%~10%がアフィリエイターへの報酬となります。つまりどんなに報酬率が良くても数百円の収益しか得られないのです。

アダルトグッズのレビューサイトではアクセスを集めることは出来ても稼げないということです。

しかしこの「アクセスだけは集められる」というのがクセ者で一度それを味わってしまうと「いつか他の商材を紹介するときに使えるだろう」と考えていつまでも稼げないサイトに執着しドロ沼にハマってしまうのです。

たしかに「出会い系で会った女の子に○○というバイブを試してみた」といった内容で最後に「今回使った出会い系は△△です」とアフィリエイトリンクを張るという方法ならもしかしたらコンバージョンするかもしれません。

しかしそんな遠回りな方法をするよりも最初から出会い系のアフィリエイトをしたほうが早いのです。

商品名などの固有名詞での集客に成功したからといってその方法に固執しないように気をつけてください。

初心者が最初の数万円の収益を得るためにやるというのであればアダルトグッズのアフィリエイトはおすすめです。しかし長く取り組むには労力の割に儲からないのでおすすめできません。

※同じアダルト系の商品の紹介でも精力アップサプリなどはライバルも多いですが報酬率が高いのでキーワードをうまく選べば稼げるジャンルといえます。ただし薬機法に違反しない表現を使うよう注意してください。

オナ禁体験談

稼げないアフィリエイトのジャンル4(オナ禁体験談)

アクセスは集まるけれど儲からないジャンルとしてはオナ禁もあります。

オナ禁とはオナニー禁止を自分に課すということです。

射精せずに男性ホルモンを体内に溜め続ければフェロモンが出て女にモテる効果があるとされています。また運気が上昇するともいわれています。

これらの効果が本当かどうかは分かりませんが実践している人は世界的に増えておりその体験記をブログで発信している人もいます。

実は私もオナ禁ブログを書いていました。そしてアクセスはそれなりに集まりました。

しかしアフィリエイト報酬にはつながりませんでした。なぜなら売るものがないからです。

オナ禁には亜鉛やノコギリヤシのサプリなどを摂取しながら行うのが良いとされていますからそれらのアフィリエイトを張ったのですがそれほど稼げませんでした。

オナ禁して出会い系をやったらどうなるのか?という記事で出会い系アフィリエイトへのリンクも張ってみましたが全くダメでした。

似たようなパターンでもピンサロ体験談ほどは稼げませんでした。

アクセス数が多くても稼げないジャンルの泥沼

アダルトアフィリエイトは簡単にアクセスを集められるジャンルが数多くあります。しかしそれが報酬につながるかどうかは別問題です。

特に初心者の頃は作ったばかりのサイトでアクセス数が集まるとそのサイトに執着してしまいがちです。

しかしそこにいくら人を集めても稼げなければ意味がありません。

「一日のアクセスがあと何百人増えれば報酬が発生するはずだ」という間違った希望を抱いて稼げないサイトで労力を使い果たさないように気をつけてください。

タイトルとURLをコピーしました