妊婦さんのために役立つ情報を発信していきます。

妊娠中は、そうでない時よりも食べ物に気をつける必要があります。特に胎児が大きくなる妊娠後期は沢山の栄養を常に赤ちゃんに持っていかれている状態になりますから、母体の鉄分やカルシウムといったミネラルが不足しがちになります。特に鉄分は妊娠中に最も不足しやすい栄養素の一つで、これが不足すると母体が貧血になり、酷くなると赤ちゃんにまで影響がいきます。血圧が低い人や自律神経失調症の人は特に注意が必要です。これらの人が貧血になった場合、座った状態から立ち上がる際に立ちくらみを起こし、倒れることがあります。もし倒れた際に腹部をぶつけたり圧迫するようなことがあれば、最悪の場合流産することもあります。なので、妊婦検診でも血液中の鉄の数値は厳しくチェックされ、低い場合は鉄剤が処方されたり、点滴などで補うことがあります。鉄分はレバーや赤身の魚、またほうれん草などの葉物にも多く含まれていますのでたっぷりと摂るようにしましょう。また、カルシウムも積極的に摂取したい栄養素の一つです。カルシウムは胎児と母親の骨や爪、歯などを作る材料です。ですからこれが不足すれば骨が折れやすくなったり、ホルモンバランスが乱れて精神的に影響を受けることもあります。カルシウムは牛乳をはじめとする乳製品、またしらすやじゃこ、小海老といった魚介類に多く含まれていますので、毎日の食事の中で少しずつ摂取していくようにしましょう。カルシウムを効率良く身体に吸収するにはビタミンCが必要になりますので果物や野菜などと合わせて摂取するのが理想的です。次に、葉酸も妊婦が積極的に摂取したい栄養素です。葉酸は特に妊娠初期に必要だと言われている栄養素で、不足すると母体の健康を損なうだけでなく無脳児(脳がない子ども)が生まれるリスクが高まると言われています。葉酸は野菜や果物から摂取できますし、最近では妊婦用の葉酸のサプリメントも販売されています。サプリメントは大変便利ですが、妊娠している時は必ず妊婦用のサプリメントを利用するようにしましょう。